脂肪吸引は高校生でもできるの?バレる心配と親への相談方法について

太っていることへのコンプレックスは年代問わず誰にでもあるもの。
ダイエットをしているはずなのに思うように効果が得られない……そうなれば脂肪吸引を受けたいと思うこともあるでしょう。
社会人であれば問題なく受けることはできますが、高校生だとどうでしょうか?
親にバレることなく施術を受けたいけど、それって可能なの?と気になりますよね。

ここでは高校生が親にバレることなく脂肪吸引を受けられるかどうかをご紹介します。
そもそも脂肪吸引とは何か?高校生が受けることでメリットやデメリットはあるのかについてもお教えしますので、高校生で脂肪吸引を受けたいと考えている人は必見です!

脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?

脂肪吸引とは?

脂肪吸引という名前を見れば痩せ身効果を狙う施術だとわかるものの、詳細について知っている人は少ないかと思います。ここでは脂肪吸引施術の詳細についてご紹介しましょう。

脂肪吸引の詳細

脂肪吸引は脂肪をなくしたい部分の皮膚を数cm切開し、カニューレという細い管を挿入します。管から脂肪をバランスよく吸引することで気になる部分の脂肪をバランスよく減らせるという施術です。

脂肪吸引はダウンタイムがある

脂肪吸引は皮膚を切開して行う施術です。施術後に内出血・むくみ・腫れといったダウンタイム症状が出る恐れがあります。これらの症状は患部を圧迫することによってダウンタイム期間を短くすることも可能です。

脂肪吸引後の圧迫方法

脂肪吸引を受けたクリニックにて圧迫肌着・下着などを購入することができます。施術後はそれを身に着けて一か月ほど過ごさなければいけません。圧迫することによって脂肪吸引の効果を早くに実感できますし、内出血などのダウンタイム症状が短く済むというメリットもあります。

脂肪吸引を受けられる場所

脂肪吸引は皮膚を切開して行う施術なので、医療行為を含めた内容です。皮膚の切開は医師免許を持つドクターにしか行えません。そのため医師が常駐するクリニック、美容皮膚科などでしか行えません。

脂肪吸引に年齢制限はある?高校生でも施術可能?


脂肪吸引は明確な年齢制限はないものの、18歳を超えてからの施術が推奨されています。人は第一次成長期・第二次成長期を経て大人の体つきに変化していきます。10代は第二次成長期にあたり、このころからホルモンバランスの変化によって男性と女性で大きく体つきが変わります。

成長過程で脂肪細胞というものが作られますが、脂肪吸引はこの脂肪細胞を吸引する施術です。成長過程で脂肪細胞を吸引して痩せたとしても、その後の成長過程で脂肪細胞が再度作られる可能性もあります。そうなると吸引した分の脂肪細胞が再度補われるため、脂肪吸引を受けた意味がなくなってしまうのです。

多くの美容皮膚科やクリニックでは18歳以下の施術をお断りしています。理由は前述したとおりです。そのため高校生での施術は無理だと考えていいのですが、どうしてもしたいのであれば18歳以降がおすすめ。大学生であれば施術可能なので、高校生の間はできないものと考えておきましょう。

高校生で脂肪吸引を行うメリットとデメリット


脂肪吸引は脂肪が減らせるという大きなメリットがあるように思えますが、高校生で施術をすることでそのメリットが得られるのかが気になるところ。ここでは高校生で脂肪吸引を行うことでのメリットとデメリットについてご紹介します。

脂肪吸引のメリット

脂肪吸引のメリットは気になる部位の脂肪を減らせることです。脂肪の量を減らせば減らした部分の痩せ身効果が期待できます。お腹周りが細くなれば好きなファッションを楽しむこともできるため、施術後の楽しみが大幅に広がるでしょう。

脂肪吸引をした部分は半永久的にその効果が持続するとされています。脂肪細胞がなくなればその部分に脂肪がつくことはないと考えて良いので、一度施術すれば今後はその部分のダイエットを考えなくてもよくなるのです。

脂肪吸引のデメリット

脂肪吸引のデメリットは複数ありますので、それぞれをご紹介しましょう。

患部に傷が残る

前述したように脂肪吸引は皮膚を切開する施術です。どれほど良い医師に施術をしてもらったとしても傷跡は残ります。もちろん目につきにくい場所を切開してくれますが、傷はずっと残ってしまうと考えておきましょう。

術後は患部の圧迫を1ヵ月続ける必要がある

脂肪吸引の施術後、患部を1か月ほど圧迫し続ける必要があります。圧迫することによって脂肪吸引の効果をより早く感じられます。圧迫しておかないと脂肪吸引の効果の実感が遅れ、内出血などのダウンタイム症状も長く続く恐れがあります。

高校生・大学生の間は毎日授業を受けなければいけません。圧迫下着や肌着を着用しまま登校しなければならないため不便も多くなってしまうでしょう。特に高校生は体育の授業の際は着替えをしなければいけませんので、周りにバレる心配もあります。

圧迫肌着・下着を購入しなければならない

施術部位によってどこを圧迫するかは異なりますが、圧迫するための肌着や下着はどこにでも売られているわけではありません。施術したクリニックにて購入することができますが、費用が高いため高校生・大学生などの学生にとっては痛い出費となってしまうでしょう。

脂肪吸引の施術費用が高い

脂肪吸引の施術費用は非常に高くなっています。部位によって異なりますが、10~30万円ほどの費用がかかると思っておきましょう。これに圧迫下着・肌着の費用も必要になるため、高い出費を必要とする施術だといえます。

高校生や大学生には痛いデメリットも社会人なら問題ない場合も


脂肪吸引はメリットよりデメリットが非常に多いように見えますが、これは高校生や大学生の10代ならではのデメリットです。デメリットの中でも特に目立つのが費用面です。施術費用に加え圧迫下着・肌着を購入しなければなりませんので、トータルだと高額の出費となります。

高校生や大学生がアルバイトをしていても簡単に払える金額ではないため、出費はかなりツラいものとなります。しかし社会人であればこの問題をクリアできます。クリニックや美容皮膚科の多くはクレジットカード払いと医療ローンを採用しています。クレジットカードを持っていればクレジット払いを利用してもいいですし、社会人であれば医療ローンを組むことも可能。

支払いは毎月無理のない範囲内で行えますので、毎月安定した収入があれば問題なく完済できるでしょう。この点からも脂肪吸引は高校生・大学生といった学生期間ではなく、社会人になってから行うことをおすすめします。

高校生が親にバレずに脂肪吸引を行うことはできる?


前述したように脂肪吸引は18歳以降の施術が推奨されています。ほとんどのクリニックでは患者様の体への負担を考え、18歳未満の施術は行いません。ただ中には18歳未満であっても施術可能というクリニックもあります。

18歳未満の施術を可能としている場合でも、施術を受けるには親権者の同意書が必要となります。同意書がなければ施術は行えませんので、親にバレることなく脂肪吸引を受けるのは難しいといえます。同意書を持って行ったとしても、親権者に電話連絡を行う場合もあります。

親権者の同意は法律で決まっていることなので、同意が必要というクリニックは安全だといえます。同意なしで施術可能というクリニックは法律に違反している可能性があるため、もしそういったクリニックを見つけても施術をお願いしないようにしましょう。

脂肪吸引は18歳以降に受けよう


脂肪吸引を行うクリニックの多くは高校生不可としている場合が多いです。高校生の頃は多感な時期なので太っていることがコンプレックスだと感じる人も多いでしょう。ただ成長過程で脂肪吸引の施術を行うにはリスクがありますし、施術を受けたとしても脂肪細胞が再度患部につけば施術の意味もなくなってしまいます。

どうしても受けたい場合は高校生を卒業し、大学生になってからが良いでしょう。10代のうちは親権者の同意が必要となりますが、親権者の同意を得られていれば問題なく施術を受けることができますよ。

品川美容外科

美容整形なら信頼と実績の品川美容外科がおすすめです。
まずはお気軽に無料カウンセリングに行ってみてください。
無料カウンセリング予約はリンクのオンラインフォームを使うとスムーズです。