脂肪吸引手術のやり方は?美容外科は顔や太ももの脂肪をどうやって吸引してるのか

お腹や顔、太ももに脂肪がたくさんついていることがコンプレックスだという人はとても多いでしょう。
人によって脂肪がつきやすい場所が異なるため、脂肪を落とすのにも一苦労だと思います。

どれだけ脂肪を落とそうとしても中々落ちない場合は脂肪吸引手術を検討しても良いかもしれません。脂肪吸引手術は美容外科などで受けられる施術のことで、これを受ければ落ちない脂肪を一気に落とすことができます。コンプレックスの解消につながるでしょう。

ここでは脂肪吸引手術について詳しくご紹介します。顔や太ももの脂肪吸引手術のやり方についてもご紹介しますので、脂肪吸引手術を検討している人はぜひ見てみてくださいね。

脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?

脂肪吸引手術とは?

疑問
まずは脂肪吸引手術の詳細から解説していきましょう。

脂肪吸引手術とは

脂肪吸引手術とは、脂肪を吸引する部位を少し切開し、そこにカニューレという細い管を挿入します。管でそこにある脂肪を吸引し、体内にある脂肪を除去するというやり方です。

最初から脂肪吸引手術をするという方法もありますが、何をしても脂肪を落とすことができないという人にこそ脂肪吸引手術はおすすめです。年齢と共に脂肪は落ちにくくなっていき、通常のダイエットでは効果が見られないこともあります。過剰なダイエットを行うと健康にも影響するため、どうしてもダイエットできないと思ったときにこの手術を検討することをおすすめします。

脂肪吸引手術ができる部位

脂肪吸引手術は全身の至る部位に施術可能です。顔であれば頬、上半身は脇や二の腕、ウエスト部分。下半身は太もも、ふくらはぎ、足首などさまざまな部位の施術ができます。後ろの背中やお尻も施術可能範囲となっていますので、脂肪が最も気になる部位を医師に伝えるとよいでしょう。

脂肪吸引手術のデメリット

脂肪吸引手術後は皮膚が炎症を起こした状態なので腫れを伴います。脂肪を除去しても腫れがあることから効果が目に見えて分かりにくいというデメリットがあります。また脂肪が多い場合は一度の施術では取りきれませんので、複数回施術を受ける必要もあります。複数回受ける場合は体への負担を考慮し、医師とよく相談した上で日程を決めましょう。

切る脂肪吸引手術のやり方について


脂肪吸引手術のやり方についてご紹介します。

腹部のやり方

腹部は上腹部・下腹部・両サイドのウエスト部分の手術ができます。最も脂肪がついている部分を選ぶとよいでしょう。手術する部位の皮膚を数センチほど切開し、そこにカニューレを挿入します。細い管から脂肪をバランスよく吸い取ることで、満遍なく脂肪を除去することができるでしょう。

顔のやり方

顔は頬とあごの手術ができます。こちらもやり方は腹部と同様ですが、切開する部分は慎重に選ばなければいけません。あごの場合は術後の傷跡を分かりにくくできますが、頬は人目に触れる部分なので傷跡次第では非常に目立ちます。傷跡をいかに目立たせないかは医師の経験によって変わりますので、顔の脂肪吸引手術を行うのであれば経験豊富な医師にお任せしましょう。

太もものやり方

太ももは外側と内側の手術ができます。こちらもやり方は同様です。太ももは脂肪吸引手術の部位の中でも人気のある部位なので、太ももの手術経験があるという医師は多くいます。足も好みの服装によっては露出する部位なので、傷跡を目立ちにくくさせておいた方がよいでしょう。

切らない脂肪吸引手術のやり方とは?


脂肪吸引手術は切るものもあれば、切らない方法もあります。ここでは切らない脂肪吸引のやり方をご紹介します。

脂肪冷却のやり方

脂肪冷却とはその名の通り、脂肪を冷却して体外に排出しやすくするやり方です。脂肪を冷やすことで冷やした部分の脂肪細胞が死滅。死滅した細胞は体に不要とみなされ、体外へと排出されます。これによって脂肪が減るため、切らずにサイズダウンすることが可能となるのです。

脂肪冷却のやり方は気になる部分に特殊なシートを貼ってその部分を冷却し、脂肪細胞を死滅させます。それから一カ月ほどかけて体外に排出していくというやり方です。切らずに脂肪を排出できるやり方なので傷が残るということもありません。時間はかかりますが、切開のやり方が怖いという人におすすめの方法です。

ライポソニックスのやり方

ライポソニックスとは超音波を出すレーザーを用いた方法です。超音波で脂肪組織を破壊すると、破壊された脂肪組織は老廃物となります。老廃物は時間をかけて体外へと排出されるため、徐々にサイズダウン効果を実感できるというやり方です。

ライポソニックスのやり方は気になる部分にレーザーを照射し、脂肪組織を破壊します。こちらも切らずにサイズダウンができるため、傷跡が残るということはありません。また一度破壊された脂肪細胞は元に戻ることがないため、リバウンドがないという大きなメリットもあります。

ゼルティックのやり方

ゼルティックは脂肪冷却と同じ原理でサイズダウンを目指す方法です。先ほど紹介した脂肪冷却は特殊なシートを貼って脂肪細胞を冷却するものでしたが、ゼルティックはマシンを使って脂肪を冷却し、死滅させます。死滅した脂肪細胞は老廃物となり、時間をかけて体外へと排出されます。

ゼルティックのやり方は気になる部分に専用のジェルを塗布し、そこにマシンをあてます。一定時間をかけて脂肪をシャーベット状にし、それから脂肪細胞の死滅・排出を待ちます。大体一か月ほどの期間を要しますが、リバウンドの心配がなく、切開の傷跡も残りません。

切らない脂肪吸引のやり方はさまざま

切る脂肪吸引のやり方は気になる部分の皮膚を切開して管を挿入し、バランスよく脂肪を吸引するという方法が一般的です。切らない脂肪吸引のやり方は非常にさまざまで、特殊なシートを使うものもあれば最先端のマシンを使う場合もあります。切らない脂肪吸引のやり方はいずれも体のターンオーバーに頼る方法です。体のリズムが整っていないと効率よく排出されないため、しっかりとした効果を実感したいのであれば規則正しい生活を送っておくことも大切です。

脂肪吸引にかかる費用も異なりますので、まずはどの方法が最も良いかをしっかり考えてみましょう。無理なく施術を受けられる方法を選べばストレスなくサイズダウンできますよ。

脂肪吸引手術はどこで受けられる?


脂肪吸引手術のやり方を知ったら、次はどこで手術を受けられるかを調べておきましょう。

美容外科と形成外科で手術を受けられる

手術を受けられるのは主に2つ。美容外科と形成外科です。どちらも全国にありますし、全国展開している大手クリニックもあります。大手クリニックは経験豊富な医師が在籍していることも多いため、まずは大手クリニックの中から気になるクリニックを探してみると良いかもしれません。

エステサロンでは受けられない

脂肪吸引手術は美容に関することなので、エステサロンなどでも受けられる?と思われた方もいるかもしれません。しかし脂肪吸引は手術に該当するため、医師が常駐していないエステサロンでは受けることができません。医師が常駐するクリニックでのみ受けられるメニューなので、必ずクリニックで手術をするようにしましょう。

脂肪吸引手術にかかる費用


脂肪吸引手術をするにはどれくらいの費用が掛かるのかをご紹介します。

脂肪吸引手術は保険適応外の手術

治療や手術は保険適応となることが多いですが、健康に影響があるわけではない治療に関しては保険適応外となるものもあります。特に美容に関する治療や手術は保険適応外となるケースが多く、全額自己負担となります。脂肪吸引手術も保険適応外の手術なので、全額自己負担で費用を支払わなければいけません。

クリニックによって大きく価格が異なる

保険適応外の手術費用はクリニックが決めることができます。そのためクリニックによって手術費用がバラバラなので、相場もあいまいです。皮膚を切開する脂肪吸引手術であれば10万円以上の費用が発生し、切らない脂肪吸引手術であれば10万円以下におさまると言われています。

気になるクリニックを見つけたらまずは公式サイトをチェックしてみましょう。多くのクリニックは公式サイト上に治療費や手術費を掲載していますので、そこから大まかな価格を知り、予算内で手術をしてくれるクリニックに決めるということもおすすめです。

脂肪吸引手術をするクリニックの選び方

ポイント
脂肪吸引手術をするクリニックは慎重に選ぶことが大切です。ここではクリニックを選ぶときに見ておきたいポイントをご紹介します。

クリニックに在籍する医師の経験

クリニックに在籍する医師が脂肪吸引手術の経験があるかどうかをチェックしておきましょう。医師によって得意としている手術の分野は異なります。美容外科は特に分野が幅広いため、脂肪吸引手術の経験があまりないという医師も存在します。これまでどんな分野の手術をしてきたか、どの分野が得意なのかを知ることで安心してお任せできる医師に巡り会えるでしょう。

医師についてはクリニックの公式サイトから確認できます。どの分野が得意かなどは書かれていないかもしれませんが、公式サイトを見ればクリニック全体が得意とする分野を見つけることができるでしょう。

脂肪吸引手術の費用と支払い方法

脂肪吸引手術の費用と支払い方法を事前に確認しておくことも大切です。前述したように、切る脂肪吸引手術は10万円以上の費用がかかります。クリニックによって違いはあるものの、一括現金払いが難しい金額であることがほとんどでしょう。まずは費用について確認しておくことも大切ですが、費用の支払い方法の種類についてもチェックしておくことがおすすめです。

費用は公式サイトからチェックできる場合もありますが、脂肪吸引手術は切る手術と切らない手術によっても費用が変わります。どこの部位の手術を行うか、何か所の部位の手術を行うかによっても費用が大きく変わりますので、カウンセリングに行って希望する手術と部位を伝え、それから費用を確認するとよいでしょう。

支払方法は現金一括払いのみなのか、クレジットカード払いが利用できるのか、医療ローンは利用できるのかをチェックしておきましょう。クレジットカード払いが利用できる場合は、利用できるクレジット会社がどこかを確認しておくことが大切です。自分が持っているクレジットカードの会社が該当することを確認してから利用するとよいでしょう。

クリニックの立地の良さ

クリニックの立地の良さも選ぶときに見ておきたいポイントです。脂肪吸引手術は複数回の通院が必要となる場合が多いため、通いやすい場所にあるクリニックを選ぶとよいでしょう。駅から近い、バス停から近い、職場から近い、自宅から徒歩で行けるなどです。気軽に通える距離でないと通うことが面倒になり、予約したのに結局行かないということにもなりかねません。

クリニックの住所を調べ、気軽に通える場所にあるかどうかを確認しておきましょう。

利用者の口コミ

気になるクリニックを見つけたら、クリニックに実際に行った人の口コミを確認しておきましょう。口コミはネットで検索すればたくさんヒットしますので、いくつかの口コミをチェックしてクリニックについての感想を見ておいてください。見ておきたいポイントとしては以下があります。
・クリニックの雰囲気
・医師や看護師の対応
・カウンセリング時の医師の対応
・施術後の状態

クリニックの雰囲気や医師と看護師の対応は実際にクリニックに行かなければわかりません。これらのことを確認するためにカウンセリングに行くことも大切ですが、カウンセリング前に口コミをチェックしておけば大まかなことはわかります。人によってどう感じたかは異なりますが、参考程度に見ておくと良いですよ。

経験豊富な医師に手術してもらおう


脂肪吸引は切る手術と切らない施術があります。やり方も費用も異なるため、どの施術が自分にピッタリかをよく考えてから受ける方法を決めるとよいでしょう。切る・切らないを問わずどちらもクリニックで受けることができます。クリニックを選ぶポイントを参考に脂肪吸引を受けるクリニックを決めることがおすすめです。

クリニックによってどのやり方を採用しているかが異なります。切る手術だけを行っているところもあれば切らない施術を採用しているところもあります。クリニックが採用している方法別に選んでも良いでしょう。

脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?