ケミカルピーリングで火傷が起こる原因と対処法を分かりやすく解説

美容外科でケミカルピーリングを受けた後、火傷のような症状が出た……
こんなお悩みはありませんか?

ケミカルピーリングは古い角質をすっきりと落とすことができる施術で、肌のターンオーバーが乱れている人には最適な施術だといえます。ただ施術のときに火傷のような症状が出ることもあり、どう対処していいかわからないと困る人も多いのです。

ここではケミカルピーリングでなぜ火傷が起こるのかを解説します。
万が一火傷が起こったときの対処法についてもお教えしますので、現在火傷のような症状が出ている人はここを参考に対処法を実践してみてください。
これからケミカルピーリングを受けようと考えている人も、この記事を読んでおけばトラブルが出たときに素早く行動できますよ。

ケミカルピーリングとは?


ケミカルピーリングという言葉を聞いたことがある人は多いかと思いますが、どんなことをするのか、施術によってどんな効果が得られるのかを知っている人は少ないかもしれません。ここではケミカルピーリングの詳細と得られる効果についてご紹介します。

ケミカルピーリングについて

ケミカルピーリングとは美容外科などで受けられるピーリングのことです。酸性の薬剤を肌に塗布し、一定時間置いて拭き取ることで肌の古い角質を剥がすことができます。

角質は肌のターンオーバーによって自然と剥がれていくものですが、年齢と共にターンオーバーは乱れやすくなり、古い角質が剥がれずそのまま蓄積してしまうことがあります。蓄積すると肌のゴワゴワやニキビといったトラブルにつながる恐れもあるため、角質を定期的に落としてあげることが大切なのです。

市販のピーリング剤よりも美容外科で受けられるケミカルピーリングの方がより高い効果が期待できるため、肌の調子が悪く悩んでいるという人におすすめの施術です。

ケミカルピーリングで得られる効果

ケミカルピーリングをすると肌の古い角質を剥がすことができます。古い角質を剥がすことで新しい細胞で満たされた角層が表面にくるため、ツルツルとした柔らかな肌となるでしょう。古い角質がなくなることで角質によるくすみもなくなりますので、肌のトーンが明るくなる効果も期待できます。

古い角質は蓄積するとニキビの原因になる可能性もあります。ケミカルピーリングで角質を剥がしてしまえばニキビの一因がなくなるため、ニキビなどのトラブル予防になるかもしれません。

ケミカルピーリングと市販ピーリングの違い

ピーリングは市販でもピーリング剤が販売されているため、何が違うのかと気になった方も多いでしょう。2つの違いは使用する成分です。ケミカルピーリングは酸性の薬剤と、市販のピーリングは古い角質を落とす作用があるといわれるフルーツ酸などの成分を配合しています。

市販のものは誰が使っても安全なように成分の配合量は安全性が認められた範囲でしか含まれていません。また成分についても安全性の高いものが使われていますので、使用頻度を守ればひどいトラブルが起こることもないでしょう。

ケミカルピーリングは薬剤を使用するため、市販ピーリングに比べれば安全性は低くなります。しかし医師が患者様の肌状態を確認してから施術を進めていくため、医療のプロのもとで古い角質のケアができます。

ケミカルピーリングで火傷が起こる原因について


肌に良い影響を与えてくれるケミカルピーリングですが、施術後に火傷を起こすことも稀にあるようです。なぜケミカルピーリングを受けて火傷が起こるのか、考えられる3つの原因をご紹介します。

薬剤の種類

前述したように、ケミカルピーリングは酸性の薬剤を使用した施術です。薬剤にはいくつかの種類があり、どの種類の薬剤を使うかは病院によって異なります。いくつかの種類を用意していて、患者様の肌の状態に合わせて医師が適切な薬剤を選択します。

医師が肌の状態を確認してから薬剤は決定されますが、薬剤の種類によって肌に合わず、火傷が起こる恐れもあります。

薬剤の濃度

薬剤の種類は肌に合っていても、薬剤の濃度が強すぎることによって火傷が起こる可能性もあります。濃度に関しても医師が決定しますが、濃度は施術毎に変わることもあります。1回目の施術でトラブルがなければ、2回目以降の施術では濃度を上げるという風にです。濃度を上げることで古い角質も剥がれやすくなるのでケミカルピーリングの効果を存分に得られるでしょう。ただ濃度が高すぎると火傷を起こす恐れもあります。

薬剤を塗布する時間

ケミカルピーリングは薬剤を塗布してから一定時間そのままにしておきます。待っている間に薬剤が古い角質を剥がしてくれるため、どこで施術を受けるにしても待つ時間は必ずあります。この時間は医師が肌状態を確認しながら決めていきますが、放置する時間が長すぎることで火傷が起こる恐れもあります。薬剤を肌に長時間乗せておくことで肌に負担がかかり、炎症を起こす可能性があるからです。

ケミカルピーリングで火傷が起きた時の対処方法


ケミカルピーリングは肌のターンオーバーが乱れていると感じる人にはとても良い施術方法です。ただ火傷の危険性もある施術なので、万が一トラブルが起こった時にどうすべきかを知っておいた方が良いでしょう。ここではケミカルピーリングで火傷が起こった時になにをすべきかを解説します。

施術を受けた病院に行って処置してもらう

ケミカルピーリングは医師が常駐する医療機関でのみ受けられる施術です。ケミカルピーリングで火傷が起きたということは医療機関にて施術を行ったということなので、施術をした医療機関に連絡をして処置してもらいましょう。火傷のような症状は自身でケアすることも可能です。ただケミカルピーリングが原因で火傷を負ったのであれば、施術をした医師にきちんと診断してもらうことがおすすめです。

火傷は処置方法を間違えると跡が残る恐れもあります。顔に跡が残ると取り返しがつきませんので、医師の診断・処置を受けておきましょう。

保湿ケアを行う

火傷をした場合は医師に処置してもらうことが望ましいですが、自宅でのホームケアも欠かさないようにしておきましょう。医師に診断してもらったさいには火傷部分に塗る軟膏を処方されるかと思います。軟膏を処方してもらいつつ、保湿ケアも行っておくことをおすすめします。

保湿ケアは肌を柔らかくし、うるおいを与えることができます。肌内部が整うことで肌表面もよい状態に保つことができますので、保湿ケアはどんな状態であっても欠かさないようにしておきましょう。保湿ケアが心配であれば、火傷の診察のときに火傷部分の保湿ケアを行ってもよいかを医師に確認しておくことがおすすめです。

スキンケアには肌に優しいアイテムを選ぶ

保湿ケアを行うときは火傷のことを考え、アイテム選びを慎重に行います。保湿ケアには化粧水や乳液といったアイテムがありますが、いずれかのアイテムで肌に負担をかけると火傷部分が悪化する恐れもあります。悪化させないためには肌負担が少ない保湿化粧品を選ばなければいけません。

防腐剤や界面活性剤などの添加物、特にアルコール類は肌にピリピリとした痛みを与える恐れがあるため避けておいた方がよいでしょう。敏感肌向けの化粧品は添加物が少なく、肌に優しい処方となっているものが多くなっています。火傷をしている間だけでも敏感肌向けの化粧品を使った方が良いかもしれません。

日焼け対策を万全にする

火傷を起こした部分は炎症を起こしている状態なので、外出するときは日焼け対策をしっかり行っておくことをおすすめします。炎症が起きている部分が紫外線を浴びると、紫外線によるダメージが加わり炎症がひどくなる恐れがあります。火傷部分が悪化することで痛みを感じたり、症状の改善が見られなくなるためきちんとした日焼け対策をしておきましょう。

火傷を起こしていないときも、施術中は日焼け対策をしておくべきです。ケミカルピーリングでは古い角質を落としきるため、施術後は肌がとても無防備な状態です。無防備な状態のときに紫外線を浴びることで肌がダメージを受け、炎症を起こす恐れがあります。日焼け対策をしていなかったことで火傷になる可能性もあるため、ケミカルピーリングを受けるのであれば日焼け止めは欠かせません。

日焼け対策には帽子や日傘を使おう

前述したように施術後の肌は古い角質を落として無防備な状態です。この状態のときに日焼け止めを塗ってしまうと、日焼け止めが原因で肌が荒れてしまう恐れがあります。そのため日焼け止めを塗ることはあまりおすすめできません。

日焼け対策には帽子と日傘を活用しましょう。帽子はツバが広めのものを選び、顔全体を覆えるようにしてください。短時間の外出であればこれだけでも十分ですが、少し長めに外出するのであれば帽子に加えて日傘も持って行きましょう。日傘は紫外線をほぼカットできる素材が使われているものが望ましいです。

ケミカルピーリングを受けるクリニックの選び方


ケミカルピーリングを受けるのであれば施術をするクリニックを探さなければいけませんよね。ここではケミカルピーリングを受けるクリニックを選ぶときのチェックポイントをご紹介します。

クリニックの立地は良いか

ケミカルピーリングは一度の施術で終わるわけではなく、数回受けることになります。クリニックの場所が遠いと通うことが困難になり、通院が苦痛になる恐れも。ケミカルピーリングを数回受けることを見通して事前に料金を支払っていた場合は損してしまう可能性もあります。

クリニックは駅から近いところ、または自宅か職場から近いところを選びましょう。駅から近ければ電車に乗ればすぐに着くため、苦痛を感じることなく通えるかと思います。自宅や職場の近くであれば行動範囲を大きく広げずに通院できますので、抜群のリッチだといえるでしょう。

料金体系が明確かどうか

ケミカルピーリングを受けるときは事前にカウンセリングに行くかと思います。カウンセリングに行ったとき、料金体系について確認しておきましょう。料金がわかりやすく書かれているのであれば安心ですが、ややこしく記載されており、結局一度の施術でどれくらいかかるかがわからなかったということであれば要注意。

料金体系が明確でないところは、基本料金に追加料金が数回かかり、最終的に高額な費用となっている場合もあります。最初から明確に表示されており「追加料金はかからない」などの表記があれば安心して施術をお願いできるでしょう。

ケミカルピーリングの実績が豊富かどうか

クリニックの公式サイトを確認し、ピーリングの実績が豊富かどうかをチェックしておきましょう。ケミカルピーリングの実績が豊富であればそれだけ施術の回数を経験しているということ。経験があれば施術も安心ですし、肌に合った薬剤や濃度の選定もしっかりと行ってくれます。

実際に利用した人の口コミはどうか

気になるクリニックの口コミを見て、ケミカルピーリングを受けた人がいないかを探してみましょう。ケミカルピーリングを実際に受けて施術はどうだったか、施術後にトラブルはなかった、きちんとケミカルピーリングの効果は得られたのかをチェックします。実際に施術を受けた人の口コミはとても参考になります。医師の対応などもチェックできますので、ここを参考に選ぶこともおすすめです。

カウンセリングのときの医師の対応は良いか

気になるクリニックを見つけたら施術の前にカウンセリングを受けておきましょう。カウンセリングでは施術内容の説明や料金の確認、ケミカルピーリングの不明点を質問することもできます。肌に不安がある場合はそのことで相談することも可能なので、気になることをすべて解決してから施術を決めるとよいでしょう。

カウンセリングのときは医師や看護師の対応をきちんと確認しておきます。医師と看護師の対応は良いかだけでなく、施術内容や不明点にきちんと答えてくれるかもチェックすべきポイントです。カウンセリング終了後に不明点がまだ残っている、または対応の悪さに不快感を感じたということであればほかのクリニックも検討してもいいでしょう。

ケミカルピーリングは信頼できる医師にお任せしよう


ケミカルピーリングは信頼できる医師にお任せすれば、火傷のトラブルなく施術を終えることができるでしょう。万が一火傷トラブルが出ても、クリニックにすぐに連絡すれば跡が残らないよう処置してもらえます。初回カウンセリング時にトラブルができたときの対処法について確認しておいても良いですね。

ここで紹介したクリニック選びのチェックポイントを参考に、施術を受けるクリニックを探してみましょう。
信頼できる医師が見つかったら、その医師にケミカルピーリングをお願いすることがおすすめです。