脂肪吸引のあざが消えない?術後にあざが残る期間やあざの原因と対処法を徹底解説

脂肪吸引の術後は腫れやむくみ、あざのような内出血、拘縮、痛みが生じるリスクが高いといわれています。
そのため「脂肪吸引をしたいけれどダウンタイムが気になる。」という方は少なくないはず。

そこで今回は、脂肪吸引の術後にできる『あざのような内出血』に着目して情報をお届けします。

脂肪吸引の術後にあざが残る期間や経過日数ごとのあざの状態、あざができる原因、対処法など徹底解説いたします。

脂肪吸引をしたいけれどダウンタイムがネックで悩んでいる方、脂肪吸引をしたけれどあざが目立って悩んでいる方、ぜひ参考にしてください。

脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?

脂肪吸引の術後にあざが残る期間


脂肪吸引の術後にあざのような内出血が残る期間は、脂肪吸引の術後2週間目から3週間目くらいまでと言われています。長引く方でも、1か月間ほど経過すると跡が目立ちにくくなります

術後すぐは、赤黒いあざができて不安になってしまうかもしれません。しかし、時間がたつと徐々に黄色に変色し、跡が目立ちにくくなるので安心してください。

1か月以上経過してもあざが目立ってしまう場合は、脂肪吸引の手術を受けたクリニックに相談しましょう。

経過日数ごとのあざの状態

経過日数ごとのあざの状態をご紹介します。

脂肪吸引の術後から3日目までの期間

脂肪吸引の術後から3日目までの期間は、赤黒いあざが患部を中心に広がります。特に患部はあざの色が濃くなるので「大丈夫かな?」と不安になりがちですが、脂肪吸引のあとは誰もが通る道なので安心してください。

クリニックによっては、包帯や圧迫を外さないようにと注意を受けます。気になってしまうかもしれませんが、外さないように気を付けましょう。この期間は、激しい痛みも伴う期間なので1番辛い期間です。そのため、安静にしてまずはゆっくり休みましょう。

脂肪吸引の術後3日目から1週間目までの期間

続いて、脂肪吸引の術後3日目から1週間目までの期間です。この期間に入ると、患部から離れた場所の赤黒いあざは消え始めます。しかし、患部周辺は赤黒いあざが目立っている状態です。また、腫れや痛みがまだまだ出ている期間です。そのため、お医者さまからもらった薬を飲んで安静に過ごしましょう。

血がにじむような場合や痛みが激しく出ている場合は、お医者さまに相談しましょう。

脂肪吸引の術後1週間目から2週間目までの期間

続いて、脂肪吸引の術後1週間目から2週間目までの期間です。この期間になると、あざの色が赤黒い色から黄色に変色してきます。あざの跡はありますが、徐々に肌の色になじんできて、2週間たつ頃にはあざが消えてくる方もいらっしゃいます。ただ、むくみは強く出ている状態なので、お医者さまの許可が出るまでは必ず圧迫をしましょう。

脂肪吸引の術後2週間目から3週間目までの期間

続いて、脂肪吸引の術後2週間目から3週間目までの期間です。このころになると、あざがだいぶ落ち着いてきます。徐々に肌の色になじんできて跡も目立たなくなってきます。また、むくみや腫れも落ち着いてくるので細くなった実感を得られる期間です。日常生活も不便なことが少なくなってきます。

ただ、ここまでの期間の過ごし方は大変重要で、過ごし方によってはダウンタイムが長引いてしまうので注意しましょう。お医者さまの指示通りに生活してください。

脂肪吸引の術後3週間目から1か月目までの期間

最後に、脂肪吸引の術後3週間目から1か月目までの期間です。この期間に入ると、あざや内出血の跡が目立たなくなります。また、むくみや腫れが落ち着いてすっきりとしてくる期間です。そのため、脂肪吸引の効果を実感できる方も多いです。拘縮は残っているかもしれませんが、日常生活で不便に感じることがなくなります。

脂肪吸引の術後にあざが出来る原因


脂肪吸引の術後に出来るあざのような内出血は、脂肪吸引の術後に必ずと言っていいほど出来るものです。

あざができてしまう原因は、細胞や血管、神経などにダメージをおよぼしてしまうからだといわれています。脂肪吸引をする範囲が広ければ広いほど、あざが出来るリスクは高くなります。例えば太ももやお腹などを脂肪吸引した場合、広範囲の手術になるため「想像していたよりもあざが気になる!」という方や、「あざがなかなか消えない!」という方が多いです。

しかし、美容整形の業界は日々進歩しているので、あざが出来にくい施術も増えています。例えば、ベイザー脂肪吸引や脂肪溶解注射などがあげられます。

ベイザー脂肪吸引は、細胞や血管、神経などへのダメージが少ないと言われており、あざのリスクが低いと評判です。また、ベイザー脂肪吸引は、手術時間が短いことや通常の脂肪吸引よりも皮下脂肪を多く吸引できることで人気の脂肪吸引です。

それから、脂肪溶解注射は注射で脂肪を溶解できることで話題になっています。内出血やあざなどの施術の跡が出来てしまうリスクが低く、ダウンタイムが短いことで気軽にできるプチ整形として親しまれています。

脂肪吸引をするときには、上記のような別の方法も確認することが大切です。脂肪吸引をした方の中には、「脂肪吸引をしたけれど効果が感じられず、筋肉に効果のあるボトックスをしたら効果があった!」というように、太く見える原因が脂肪ではなかったという方もいらっしゃいます。

そのため、医師によるカウンセリングをしっかりと受けることが大切です。自己判断せずに、しっかりとカウンセリングに行きましょう。また、カウンセリングは無料のクリニックが多いので、いくつかのクリニックをまわることがおすすめです。多くのお医者さまに会って、自分に合う方法を見極めてもらいましょう。

脂肪吸引の術後にあざができる人の特徴

広範囲の脂肪吸引を行った人や皮膚が薄い人、肌の色が白い人、手術をした際に多く出血してしまった人などは、脂肪吸引の術後にあざができるリスクが高いと言われています。それから、むくみやすい体質の人や冷え性の人は、あざが出来てしまうと消えにくいと言われています。

実際に脂肪吸引の手術をしてみなければわからない部分もありますが、カウンセリングではダウンタイムについて必ず確認をしましょう。

脂肪吸引の術後にできるあざを早く治すための6つの対処法

脂肪吸引の術後にできるあざを早く治すための対処法を6つご紹介します。

あざを早く治すための対処法①1か月は圧迫をすること

脂肪吸引の術後にできるあざを早く治すための1つ目の対処法は、術後1か月目までは圧迫をすることです。

圧迫をすることでむくみや腫れを抑えるだけではなく、止血をすることができます。そのため、あざの範囲を狭くし、あざを最小限にすることができます。

ただ、ダウンタイムを短くしたいからといって圧迫を強くしてしまうと逆効果になりがちなので注意しましょう。強い圧迫は血行を悪くしてしまうので、あざが治りにくくなります。圧迫の強さはお医者さまに指示された通りにすることを心がけましょう。

あざを早く治すための対処法②全く動かない状態は避けること

脂肪吸引の術後にできるあざを早く治すための2つ目の対処法は、全く動かない状態は避けることです。

脂肪吸引後は麻酔の影響もあり、あまり動けないかもしれません。しかし、落ち着いてからは動くことを心がけなければ血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると血栓症になってしまうリスクやあざが治りにくくなってしまうリスクが高まります。そのため、無理をしない程度に動くことを心がけましょう。

あざを早く治すための対処法③タンパク質を意識して摂取すること

脂肪吸引の術後にできるあざを早く治すための3つ目の対処法は、タンパク質を意識して摂取することです。

タンパク質は大豆食品や乳製品、お肉、卵などに多く含まれている栄養分です。身体をつくるために欠かすことができません。そのため、身体に元気を与えるためにも、意識してタンパク質の摂取をしましょう。食欲が出ない方には、プロテインがおすすめです。

ただ、タンパク質のとりすぎは血管をもろくしてしまうといわれています。血管がもろくなると、あざができやすくなってしまうので適度な摂取が大切です。

あざを早く治すための対処法④1日2リットルのお水を飲むこと

脂肪吸引の術後にできるあざを早く治すための4つ目の対処法は、1日2リットルのお水を飲むことです。

脂肪吸引の術後から1週間目までの期間は、身体から水分が抜けやすくなる期間です。そのため、身体の循環機能を高めるためにもしっかりとお水を飲みましょう。

また、脂肪吸引の術後は体温が上がるため、身体の水分が蒸発しやすくなります。ですので、お水はこまめに飲むことが大切です。

あざを早く治すための対処法⑤マッサージやストレッチをすること

脂肪吸引の術後にできるあざを早く治すための5つ目の対処法は、マッサージやストレッチをすることです。

マッサージやストレッチをすることで、血の巡りがよくなります。そのため、あざを早くなおすために効果的だといわれています。

ただ、抜糸する前のマッサージやストレッチは傷に負担をかけてしまうこともあるので、必ずお医者さまの許可がでてからマッサージやストレッチをしましょう。お風呂のあとがおすすめです。

あざを早く治すための対処法⑥クリニックでアフターサービスを受けること

脂肪吸引の術後にできるあざを早く治すための6つ目の対処法は、クリニックでアフターサービスを受けることです。

契約内容にもよりますが、脂肪吸引の術後にアフターサービスとしてトリートメントやたるみ除去のレーザーなどを施してくれるクリニックがあります。術後のトリートメントに関しては腫れや内出血、あざ、むくみなどに効果的です。そのため、あざを早く治したい時にはしっかりと活用しましょう。

エステサロンやマッサージ店で脂肪吸引後のコースを提供している場合もありますが、脂肪吸引をしたクリニックのトリートメントが最も安心です。契約内容は必ずチェックしておきましょう。カウンセリングのときに確認しておくことをおすすめします。

脂肪吸引の術後にできたあざを隠すための2つの対処法


脂肪吸引の術後には、必ずと言っていいほどあざができます。そんなあざを隠すための方法をご紹介します

あざを隠すための対処法①脂肪吸引する箇所を隠せる衣服を事前に用意すること

脂肪吸引の術後にできたあざを隠すための1つ目の対処法は、脂肪吸引をする箇所を隠せる衣服を事前に用意することです。

太ももやお腹など見えにくい箇所は、あざを隠しやすいです。しかし、ふくらはぎや顔、二の腕などの脂肪吸引をするときには、あざや内出血を隠せる衣服は必ず必要になります。術後はサポーターや圧迫をつけることが一般的なので、サポーターや圧迫をつけても余裕があるような衣服を準備しましょう。

ふくらはぎであればロングスカートやゆるめのズボンなどの準備、顔であればマスクやマフラーなどの準備、二の腕であればゆるめのパーカーやブラウスなどの準備がおすすめです。血がにじむことがあるので、汚れてもいいような衣服を着用しましょう。

また、ファンデーションで隠す方もいらっしゃいますが、傷跡に付着すると炎症が起きるリスクがあります。そのため、傷口がふさがったことを確認してからファンデーションで隠しましょう。

あざを隠すための対処法②しぐさや動作に気をつけること

脂肪吸引の術後にできたあざを隠すための2つ目の対処法は、しぐさや動作に気を付けることです。

脂肪吸引のあとはサポーターや圧迫をつけるので、ロボットのように不自然な動作をしてしまいがちです。しかし、動作が不自然だと不自然な箇所に注目してしまうので、不自然な動作をしないように意識しましょう。

脂肪吸引をしたい方は必ずカウンセリングを受けましょう!


脂肪吸引の術後のあざについて詳しくご紹介いたしました。しかし、腫れやむくみ、あざのような内出血、拘縮、痛みなどのダウンタイムについては個人差があります。また、選ぶクリニックや医師、施術内容によっても大きく変わります。

そのため、必ずいくつかのクリニックでカウンセリングを受けて比較するようにしましょう。

脂肪吸引をして、ますます魅力的になってくださいね♡

脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?