脂肪吸引の施術経過5年後はどうなる?リバウンドしないポイントも紹介!

脂肪吸引、5年後

「脂肪吸引をしたけれど、リバウンドした!」「脂肪吸引の効果がすぐになくなった!」という方は少なくありません。
脂肪吸引は、実はリバウンドをしてしまう可能性が否めない美容整形なのです。

しかし、高いお金をかけた脂肪吸引の効果は持続させたいもの。
「5年後や10年後にリバウンドしてしまった。」といったことは避けたいですよね。

そこで今回は、脂肪吸引についての情報をお届けします。脂肪吸引の仕組みから5年後にリバウンドしてしまう方の特徴、5年後にリバウンドしないためのポイントまで詳しい情報をご紹介!魅力的な美しいボディをしっかりキープしていきましょう!

脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?

脂肪吸引の5年後は?リバウンドの可能性はある!

「脂肪吸引をしたからもう太らない」と信じこみ「暴飲暴食を続けたらリバウンドした!」という方も少なくないはず。

脂肪吸引は、見た目がスタイリッシュになり太りにくくなる魅力的な美容整形のひとつです。しかし、太る可能性がゼロになる施術ではありません。そのため、5年後や10年後にリバウンドしてしまうリスクはあります。

ここからは脂肪吸引に関して、リバウンドの仕組みからリバウンドしやすい人の特徴、リバウンドしないためのポイントまで詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてください。

脂肪吸引は脂肪細胞を減らす!残った細胞はリバウンドの原因!

脂肪吸引は、脂肪細胞を取り除くことでスタイリッシュなボディに導く美容整形です。脂肪細胞は、思春期以降にはほとんど増えない細胞だといわれています。そのため「脂肪細胞を取り除く脂肪吸引をおこなうと、永久的にスタイリッシュなボディを保てる!」と勘違いする方も少なくありません。しかし、実は脂肪吸引は永久的な効果がある美容整形ではないのです。

脂肪吸引では、カニューレで脂肪細胞を取り除くことによって、脂肪細胞の数を減らすことができます。とは言っても、脂肪細胞がゼロになるわけではありません。もしも脂肪細胞がゼロになってしまった場合、ゴツゴツしたイビツな身体に変化してしまいます。そのため脂肪吸引では、ある程度の脂肪細胞を残すことが一般的です。

脂肪吸引で残った脂肪細胞は、数が増えることはごく稀です。しかし、細胞が大きくなる可能性や小さくなる可能性は否めません。ですので脂肪吸引は、太りにくくなる施術ではあるものの太らない施術とは言えないのです。脂肪吸引は、脂肪細胞が大きくなってしまうとそのぶん太る可能性があるのです。ただ、脂肪細胞の数は施術前より少ないので、細胞のひとつひとつが大きくなったとしても施術前よりも太る可能性は低くなります。しかし、脂肪吸引は5年後や10年後のリバウンドも十分に考えられる施術なのです。

脂肪吸引をしても5年後にリバウンドをする人の特徴

それでは、脂肪吸引をしても5年後や10年後にリバウンドをする人の特徴を3つご紹介します。

脂肪吸引をしても5年後にリバウンドをする人の特徴①:高カロリーな生活をしている人

まずは、脂肪吸引をしても5年後にリバウンドをする人の特徴の1つ目です。1つ目は、高カロリーな生活をしている人です。消費カロリーよりも摂取カロリーが高ければ、リバウンドをしてしまいます。インターネット上の口コミサイトで「脂肪吸引をしたのに太った!」「リバウンドした!」といった口コミを投稿する方がいます。しかし、脂肪吸引をしていなければますます太っていた可能性も高いです。脂肪吸引で取り除いた脂肪細胞は増えないものの、高カロリーな生活を続けていれば脂肪細胞は大きくなる可能性があります。脂肪吸引をして5年後、10年後にリバウンドすることのないよう気を付けましょう。

脂肪吸引をしても5年後にリバウンドをする人の特徴②:筋肉量が少ない人

続いて、5年後や10年後にリバウンドをする人の特徴の2つ目です。2つ目の特徴は、筋肉量が少ないということです。筋肉量が少ない人は、筋肉量が多い方に比べて基礎代謝が低い傾向にあります。そのため、同じ量を食べたとしても筋肉量が高い人よりも太ってしまいます。筋肉量が少ない方は、5年後や10年後のリバウンドには特に気をつけましょう。それからリバウンドを防ぐためにも、筋肉量の多い健康的な身体を目指しましょう。

脂肪吸引をしても5年後にリバウンドをする人の特徴③:身体を動かす習慣がない人

最後に、脂肪吸引をしても5年後にリバウンドをする人の特徴の3つ目です。3つ目は、身体を動かす習慣がない人です。身体を動かさない方は、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうので太りやすくなってしまいます。そのため、5年後や10年後にリバウンドをしやすい身体になっているといえます。身体を動かすことは、健康的な生活を送る上でも大切なことです。そのため、ちょっとした動作やちょっとした運動を増やしてみましょう。たった少しのことでも、5年後や10年後のリバウンドリスクを低減できます。多額の費用をかけた美しいボディをしっかりとキープしましょう。

脂肪吸引の後、5年後にリバウンドしないためのポイント

続いて、脂肪吸引の後、5年後にリバウンドしないためのポイントを3つご紹介します。

5年後にリバウンドしないためのポイント①:食生活を見直すこと

脂肪吸引の後、5年後にリバウンドしないための1つ目のポイントは、食生活を見直すことです。正しい食生活を送ることで、5年後にリバウンドするリスクを軽減できます。また、健康面でもプラスの効果が期待できます。そのため、食生活の見直しを行ってみましょう。

ここで、食生活の見直しについてのポイントを4つご紹介します。参考にしてください。

食生活の見直しポイント①:食事のタイミングを決めること

食生活の見直しポイントの1つ目は、食事のタイミングを決めることです。食生活で重要なポイントは、食事の内容や摂取カロリーだけではありません。食事の時間も大切なポイントです。まずは、食事の時間は毎日規則正しくすることを心がけましょう。食事の時間を決めることで、だらだらと食べ続けてしまうことを防げます。また、夕食と朝食の間は、長ければ長いほど良いといわれています。前日の夕食から朝食までの長さを長めにするように意識してください。

食生活の見直しポイント②:夕食が遅くなる日は前倒しで炭水化物を!

続いて、食生活の見直しポイントの2つ目です。2つ目は、夕食が遅くなってしまうときには、前倒しで炭水化物を食べることです。18時くらいまでに炭水化物を食べておくと遅い時間に一気にごはんを食べるときよりも消化がスムーズに行われます。そのため、夕食が不規則になってしまうときには、18時ころを目安に炭水化物を摂取してください。コンビニでも購入できる納豆巻きがおすすめです。

食生活の見直しポイント③:実は高カロリーなアルコールに要注意!

続いて3つ目です。食生活の見直しポイントの3つ目は、実は高カロリーなアルコールに気をつけることです。職場の付き合いや友人との付き合いにおいて、アルコールは欠かせない存在です。しかし、一歩間違えるとアルコール太りしてしまうリスクがあります。例えば、カシスウーロンとウーロン茶割では、カシスウーロンのほうがカロリーは低いです。カロリーが低そうなウーロン茶割が思いのほか高カロリーなのです。このようにお酒には意外と高カロリーなものも潜んでいるので気を付けましょう。ビールや日本酒、それからお酒のおつまみなど、お酒の席には高カロリーな飲み物や高カロリーお食事が並んでいます。「今日だけ!」と思うことなく厳しい目で自分を見つめ直しましょう。

食事の見直しポイント④:『まごわやさしい』を心がけること

最後に、食事の見直しポイントの4つ目です。4つ目は、『まごわやさしい』を意識した食生活を送ることです。『まごわやさしい』は、ダイエットとしても話題になっているワードです。太りにくい身体、痩せやすい身体、健康的な身体に導く食材の頭文字をとった言葉です。

  • 『ま』・・・豆類
  • 『ご』・・・ごまや種子など
  • 『わ』・・・わかめなどの海藻類
  • 『や』・・・野菜類
  • 『さ』・・・魚類
  • 『し』・・・しいたけなどのキノコ類
  • 『い』・・・イモ類

以上の通り、『まごわやさしい』は、和食に使われる食材がメインとなっています。そのため、日本人にとってスタートしやすい健康法のひとつです。いつものお食事にプラスアルファで加えてみましょう。

食事の見直しポイントはまだまだたくさんあります。自分にあった続けやすい健康法を探し、実践してみましょう。

5年後にリバウンドしないためのポイント②:適度な運動を心がけること

5年後にリバウンドしないための2つ目のポイントは、適度な運動を心がけることです。健康面でもダイエット面でも適度な運動は大変重要です。意識して運動を取り入れましょう。しかし、脂肪吸引の直後は運動できません。医師からの許可が出た段階で運動をしてみましょう。ラジオ体操や簡単なストレッチなどがおすすめです。続けられるものを選びましょう。

5年後にリバウンドしないためのポイント③:しっかりと睡眠をとること

5年後にリバウンドしないための3つ目のポイントは、しっかりと睡眠をとることです。睡眠不足は、ストレスを招きます。その結果、暴飲暴食のリスクが高くなったり、暴飲暴食により身体がだるくなり運動不足になったりすることが考えられます。睡眠時間は、7時間から8時間を目安にすると良いと言われています。そのため、忙しい日でも早くお布団に入ることを心がけましょう。

脂肪吸引のあと、5年後、10年後にリバウンドしないために日々の生活を見直そう!

脂肪吸引でリバウンドしないためには、日々の生活を少しずつ変えてみることが大切です。脂肪吸引で細くなれたとしても、日々の生活がだらしない場合、5年後や10年後にはリバウンドしてしまう可能性が高くなります。長い間習慣としていた生活を見直すことは苦痛かもしれません。しかし、高いお金をかけた脂肪吸引の効果を持続するために、ぜひ心がけてみてください。

魅力的な美しい身体をキープしましょう。

脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?脂肪吸引の地域別おすすめクリニック総まとめ!安くて名医がいるのはどこ?