ボトックスのリスクや副作用はある?安心して手術を受けるために知っておくべきこと

プチ整形の中でもポピュラーな施術であるボトックス注射が気になっている方は、多いのではないでしょうか。

「ボトックス注射を受けたいけれど、美容整形が初めてなのでリスクや副作用が気になる。」「ボトックス注射で絶対に失敗したくない。」など、さまざまな思いがある方も多いはずです。

そこで今回は『ボトックス注射のリスクや副作用』についての情報をお届けします。ボトックス注射の効果や安心してボトックス注射をするためのポイントまで詳しくご紹介します。

ボトックス注射に挑戦したい方、ぜひ参考にしてください。

ボトックス注射でますます魅力的な自分に変身しましょう♡

美容整形なら信頼と実績の品川美容外科がおすすめです。
まずはお気軽に無料カウンセリングに行ってみてください。
無料カウンセリング予約はリンクのオンラインフォームを使うとスムーズです。

ボトックス注射とは


ボトックス注射とは、筋肉の緊張をやわらげることができる注射です。エラに作用し小顔に導く効果、表情筋を緩めてしわの改善をする効果など、多彩な効果が期待できます。

ボトックス注射は、日本に限らず50か国以上の国で承認されています。近年では10年余りの間に170万人の方がボトックス治療を受けたといわれています。プチ整形としてポピュラーな美容整形で、手軽に打てることから幅広い方が施術を受けている人気の美容整形です。たるみを改善するヒアルロン酸注射と同じように幅広い方に愛されています。

そんなボトックス注射ですが多彩な効果が期待できる反面、副作用やリスクも潜んでいます。そこで今回は、ボトックス注射に潜む副作用やリスクについて情報をお届けします。ボトックスの多彩な効果や安心してボトックス注射を受けるためのポイントなど、ボトックス注射に関連した情報をたくさん含めています。

ぜひ参考にしてください。

ボトックス注射の4つの効果


ボトックス注射は前述した通り、多彩な効果を発揮することで知られています。まずは、ボトックス注射の4つの有名な効果をご紹介します。

ボトックス注射の効果①しわを改善する効果

ボトックス注射の1つ目の効果は、しわを改善する効果です。

主に筋肉を動かすことによってできてしまうしわを改善する効果が期待できるといわれています。しわの原因となっている筋肉をゆるめることによって得られる効果です。

しわを改善するためのボトックスを打つ部位として人気の部位は、眉間や目尻、おでこなどです。

ボトックス注射の効果②張っているエラの改善をする効果

ボトックス注射の2つ目の効果は、張っているエラの改善をする効果です。筋肉の力をゆるめることによって、筋肉を細くします。

筋肉によってエラが張ってしまっている方に対して小顔効果が期待できます。

ボトックス注射の効果③腋臭や多汗症の改善をする効果

ボトックス注射の3つ目の効果は、腋臭や多汗症の改善をする効果です。

ボトックス注射を脇の下に注射することで、汗が出る働きを抑えることができます。汗腺を取り除くことはできないので一時的な効果ではありますが、汗の分泌を抑えることが可能です。

ボトックス注射の効果④脚痩せ効果

ボトックス注射の4つ目の効果は、脚痩せ効果です。

ふくらはぎの発達した筋肉をやわらげることで脚痩せ効果を期待できます。

ボトックス注射の3つの副作用


続いて、ボトックス注射の3つの副作用をご紹介します。

ボトックス注射の副作用①表情が乏しくなること

ボトックス注射による副作用の1つ目は、表情が乏しくなることです。

ボトックス治療では、日常的に使っていた筋肉を一時的にゆるめます。そのため、人によっては日ごろ使っていた筋肉が動かせなくなることで表情が乏しくなってしまう可能性があります。

違和感を感じるという方も少なくありません。

ボトックス注射の副作用②頭痛が起きること

ボトックス注射による2つ目の副作用は、頭痛が起きることです。

ボトックス注射を肩や首に打った場合、肩の筋肉や首の筋肉をゆるめることにより肩こりを軽減する効果が期待できるといわれています。

しかし、筋肉をゆるめることによって身体の筋肉のバランスが崩れてしまい、逆に頭痛が起こってしまうケースもあるといわれています。

頭痛の副作用が生じた場合、必ずクリニックに相談しましょう。

ボトックス注射の副作用③内出血や赤み、腫れが生じること

ボトックス注射による3つ目の副作用は、内出血や赤み、腫れが生じることです。

ボトックス注射はダウンタイムの少ない美容整形といわれています。しかし、注射器を用いて薬剤の注入を行うため、注入による副作用が起こる可能性は否めないといわれています。

内出血や赤み、腫れの副作用は薬剤による副作用ではなく注入による副作用ですが、起こりうる副作用なのでカウンセリングで確認しましょう。

このボトックス注射による副作用は、1週間程度で落ち着くことが一般的です。

ボトックス注射で稀に起こりうる3つの副作用


続いて、ボトックス注射で稀に起こりうる3つの副作用をご紹介します。

ボトックス注射で稀に起こりうる副作用①眉毛が不自然に上がってしまうこと

ボトックス注射で稀に起こりうる副作用の1つ目が、眉毛がウルトラマンのように不自然にあがってしまうことです。この副作用は、スポック・ブローと呼ばれています。眉間のしわを抑制するためにボトックス注射を利用した方に引き起こる可能性があるといわれています。

この副作用が起こりやすいといわれている方は、表情筋を使い過ぎている方、眉間の皮膚やおでこの皮膚が余っている方、65歳以上の方です。

こういった症状が出てしまった場合、眉毛をあがらないようにするボトックスを追加することで症状をおさえることが可能です。

しかし、医師の知識や経験、技量によって防げる副作用なので、医師の見極めをしっかり行うことができればリスクは回避できます。

そのため、医師によるカウンセリングをしっかりと受けるようにしましょう。

ボトックス注射で稀に起こりうる副作用②一重まぶたになってしまうこと

ボトックス注射で稀に起こりうる副作用の2つ目が、一重まぶたになってしまうことです。このボトックス注射による副作用は、おでこのしわを改善しようとボトックスを注射した方に起こりうる可能性があるといわれています。

一重まぶたになってしまう副作用は、若い方には少ないといわれている副作用です。まぶたの皮膚が重くなってきた方に多いといわれていて、まぶたを大きく開くためにおでこにしわがよることを気にしてボトックスを注射した方に多いといわれています。

ボトックスを注射することによって、おでこのしわは改善されます。しかし、周辺の筋肉がゆるむことによって眉毛が上がらなくなり、重くなったまぶたはうまく開くことができなくなってしまうのです。

そのため、二重だったまぶたが奥二重に、また、奥二重だったまぶたが一重になってしまう副作用が生じます。

ボトックス注射で稀に起こりうる副作用③表情が全く変わらなくなること

ボトックス注射で稀に起こりうる副作用の3つ目は、表情が全く変わらなくなることです。この副作用は、ほうれい線にボトックスの注射を打った方に多いといわれています。

ボトックス注射を間違えた場所に打ってしまうことで起こりうる副作用です。表情筋がうまく動かなくなることで、表情が全く変わらなくなってしまうリスクが生じてしまうのです。

安心してボトックス注射をするための3つのポイント


続いて、安心してボトックス注射をするための3つのポイントをご紹介します。

ポイント①ボトックス注射の名医を選ぶこと

安心してボトックス注射をするための1つ目のポイントは、ボトックス注射の名医を選ぶことです。

ボトックス注射の仕上がりは医師の腕によって大きく変わります。ミリ単位の繊細な技術が求められる施術なので、医師選びは慎重に行いましょう。

副作用のリスクに関しても医師の腕によって大きな差が生じます。ボトックス注射をする前には、必ず医師のカウンセリングを受けてください。

医師選びの時に意識してチェックすべき箇所は『カウンセリング時の対応や雰囲気』『カウンセリングへの熱意』『専門知識の有無』『症例数』『症例写真』『学会への参加状況』『受賞歴』『資格』などです。

満足度の高いボトックス注射にするために重要なポイントとなる医師選びは、特に慎重に行ってくださいね。複数の医師に会ってみることもおすすめです。

ポイント②上質な薬剤を選ぶこと

安心してボトックス注射をするための2つ目のポイントは、上質な薬剤を選ぶことです。

ボトックス注射には、様々な種類の薬剤が存在します。アメリカ製の薬剤やドイツ製の薬剤、イギリス製の薬剤、韓国製の薬剤など多様な薬剤が流通しています。低価格を売りにしているクリニックが多いですが、薬剤の種類に目を向けて自分に合う薬剤を選択するようにしましょう。

今回はボトックス注射の中でもメジャーな2つの薬剤をご紹介します。

まず1つ目は、ボトックス注射の中でも最もポピュラーであることで知られている『ボトックスビスタ』です。ボトックスビスタは、アメリカのアラガン社が提供している薬剤です。日本で唯一、シワ取りなどの美容医療領域で認められています。安全性や信頼性を求めたい方におすすめのボトックス注射です。

続いて2つ目が、『ゼミオン』です。『ボトックスビスタ』よりも高価なボトックス注射ですが、高品質であることで知られています。長期間繰り返し使用しても安全な薬剤であり、副作用が心配な方にもおすすめです。

美容外科クリニックや美容クリニックの中には、薬剤名を明かさずに低価格を売りにしたボトックス注射を提供しているクリニックも多いことが現状です。ボトックス注射とは商品名なので、しっかりとどこのメーカーのどの薬剤なのか確認したうえでボトックス注射をしましょう。

薬剤によって効果や副作用は大きく変化します。極端に低価格で薬剤名の表示がない場合は注意することが必要です。

ポイント③クリニック選びを慎重におこなうこと

安心してボトックス注射をするための3つ目のポイントは、クリニック選びを慎重におこなうことです。

クリニックを選ぶときには『ホームページ』『医師の在籍数』『クリニックまでのアクセス』『雰囲気や対応』『口コミや評判』『在籍医師の症例数や実績』『強みや得意とする施術』『混雑状況(人気のあるクリニックかどうか)』『清潔感』『プライバシーへの配慮』『設備』などです。

また、当日の施術を強引に進めてくるクリニックには気を付けましょう。それから、麻酔やオプションなどを次々と紹介してくるようなクリニックも要注意です。勧誘の方法にも目を向けて、間違いのないクリニックを選択しましょう。

カウンセリングは無料のクリニックが多いので、複数のクリニックに足を運ぶことをおすすめします。複数のクリニックを比較して、自分にとって間違いのない満足度の高いボトックス注射をしましょう。

ボトックス注射をするときには必ずカウンセリングを!


『ボトックス注射の副作用』について、詳しくご紹介しました。そのほかにも『ボトックス注射の効果』や『安心してボトックス注射を受けるために知っておきたいポイント』などの情報もお伝えしてまいりました。ボトックスについてお悩みの方に、参考にしていただければ幸いです。

前述した通り、ボトックス注射をする際には3つのポイントが重要になります。1つ目は『ボトックス注射の名医を選ぶこと』、2つ目は『上質な薬剤を選ぶこと』、3つ目は『クリニック選びを慎重におこなうこと』です。

この3つのポイントを意識してボトックス注射を受けるためには、カウンセリングが大変重要だといわれています。

カウンセリングでクリニックや医師、施術の内容を医師の口から必ず納得がいくまで説明してもらいましょう。カウンセリングは、無料のクリニックが多い傾向にあります。そのため、複数のクリニックに足を運んでみることがおすすめです。クリニックや医師、施術内容をしっかりと比較して、満足度の高いボトックス注射をしましょう。

ボトックス注射は多彩な効果を期待できる美容整形です。それから、プチ整形としてポピュラーな美容整形であり手軽に手を出す方が多いといわれています。しかし、ボトックス注射は医療行為です。そのため、決断は慎重におこなうことがおすすめです。副作用やリスクも潜んでいるので、しっかりと施術内容を理解した上でボトックス注射に挑戦してくださいね。

多彩な効果が期待できるボトックス注射で、ますます魅力的な自分に変身しましょう♡

安心してボトックス注射を受けられる環境を整えて、満足度の高い施術を受けてくださいね。

美容整形なら信頼と実績の品川美容外科がおすすめです。
まずはお気軽に無料カウンセリングに行ってみてください。
無料カウンセリング予約はリンクのオンラインフォームを使うとスムーズです。